糖尿病は食事を変えると改善されます~パクパク健康生活~

家族

血圧が気になる時の食事

和食

血圧が高いという基準とは

血圧は、血管の中を流れている血液が血管の壁に与える圧力のことです。血液は、ポンプの役目をしている心臓の収縮、拡張によって体内をめぐります。心臓が収縮するときが血圧は一番高くなり、拡張する時に一番低くなります。高血圧は、血圧が高い状態が続くことをいいますが、その基準は、学会のガイドラインによりますと、病院等の診察で測った時に、最高血圧が140mmHg、最低血圧が90mmHg以上と決められています。高血圧には、原因がわかっている場合とよくわからない場合があり、前者を2次性高血圧、後者を本態性高血圧といって、後者が約9割を占めています。血圧が高くなる遠因は、食塩の摂り過ぎや喫煙、太り過ぎなどが知られています。高血圧の改善は、ある程度食事療法で対処できます。

減塩とダイエットが大切

高血圧を改善できる食事療法は、減塩とダイエット食の2つが効果的です。塩分は、ナトリウムからできていますが、体内のナトリウムは、腎臓によって尿として排泄されます。ところが、腎臓の処理能力を超えるナトリウム(塩分)を摂取しますと、血液中のナトリウム濃度が高くなり、その濃度を下げるために水分を取り込みます。これによって血液全体の量が増えて、結果的に血圧が上がります。塩分を減らす食事療法では、塩分の代わりに胡椒等の香辛料を多く使用したり、酢やレモン汁などを使った料理を多くするなどがあります。また、市販のインスタント食品、干物のような保存食などは、塩分の濃いですから避けるようにします。肥満の人の場合の食事療法には、減塩食と同時にダイエット食も加わります。ダイエットには、炭水化物と糖分、脂分の摂取を少なくするのが効果的です。