糖尿病は食事を変えると改善されます~パクパク健康生活~

笑顔

食事に注意して

介護

以前の糖尿病食は血糖値を下げるための食事が中心で、糖質を極端に減らしたものが主流でしたが現在は薬品の開発で、何でも食べられるようになりました。ですが自分の家で作るのは自信がないという人には糖尿病食の宅配をする業者もありますので、利用をして自分が作る参考にしてみてください。

ダイエットと同じ

料理

まずは食べる量を減らす

糖尿病になるとまずは食事と運動療法です。糖尿病は血管がボロボロになり腎機能低下、最悪の場合足の切断もあり得る恐ろしい病気です。糖尿病の初期症状はだるいや喉が渇くなど注意深く気にしていればわかりますが、多くお方は疲労と勘違いされ、何かの検診の時についでに発見されることが多いです。糖尿病になると食事制限がかかります。専門家による食事指導プログラムを受講させられることもあります。多くの方は数日間は実行できるのですが、難しく続かないのが現状です。難しいことは言いません。まずはご飯やパン、砂糖などの炭水化物が多く含まれているものを少し減らし、その分野菜などでお腹を満たすような食事を実行すると結構効果があります。

食べる順

今ダイエット業界ではロカボというキーワードがあります。ローカーボンダイエット。即ち炭水化物を少なくしましょうってことです。そのためにGI値などの様々な目安があります。ロカボのポイントは懐石料理をイメージすると良いです。まずは野菜の小鉢が出されます。食物繊維によって糖や脂質の吸収を抑えます。その後スープやメインディッシュの肉、魚が運ばれてきます。たんぱく質を取ることによりアミノ酸の補充などを目的としています。そして最後に少しだけご飯が出されると思います。ご飯即ち炭水化物が来るころにはもうお腹はいっぱいで糖質の摂取を抑えることができます。食物繊維、タンパク質、炭水化物の順で食べることは難しい知識も必要なく誰でも気軽にできるため、健康意識の高い方を中心に人気の食事方法です。

食事で健康を維持

介護

腎臓病の食事療法は普段の生活を意識する事から始まり、自分で制限しなくてはならないのが現状です。世の中には宅配サービスなどもあるので、制限するのが面倒であったり難しいと言う場合にはこの様なサービスを利用するのも良い方法です。

血圧が気になる時の食事

和食

高血圧は、塩分の摂り過ぎや肥満、喫煙なとが大きな要因と考えられています。これを改善するには、食事療法が効果的です。それは、食塩の摂取量を少なくする食事が基本で、肥満の人は、これにダイエット食が加わります。